【今週もゴチになります】 STEAK BISTRO和洋( ワヨ )—ステーキ・洋食—

エイジングビ−フ

昨年12月、オープンした遠東百貨信義店の3階にある「ステーキ・ビストロ和洋」。特徴は何といっても「ドライエイジング」を施したビーフステーキ。店内に備えた専用冷蔵庫で温度・湿度・空気循環を徹底管理し、30日間かけてじっくり熟成させる。熟成した肉が縮むうえ、乾燥部分はトリミングするため、食べられるのは本来の分量の50%ほどだというからじつに贅沢だ。

看板メニューは「リブアイステーキ」(1280元)。熟成により柔らかくなった肉はなんともジューシーで香り高い。「乾燥熟成」により余分な水気を飛ばし、噛むほどにぎゅっと凝縮された旨み成分が染み出してくる。希少部位「ミスジステーキ」(780元)はサシが均一に入り、マイルド&濃厚な味わいが魅力だ。脂が乗った割にさっぱりしているので、脂が苦手な人にもオススメだ。ステーキメニューにはそれぞれ、季節野菜のグリルとともにデミグラスソースやワサビソースが添えられる。ほかに、リンゴのソテーがのった「鴨胸肉のロースト」(540元)や、オランデーズソースでいただく「ラムチョップのロースト」(780元)も人気。

また、ニンニクとトマトの甘みが効いた魚介類たっぷりの「漁師風トマトパスタ」(350元)や「低温調理チキンのピリ辛ジェノベーゼ」(350)などパスタ類は、スパゲティとタリアテッレの2種類から選べる。薄い平麺のタリアテッレはトマトとの相性も抜群。

自慢の一品サビス

今回のゴチサービスは、玉ネギとオレンジのソースが爽やかな「ローストビーフのカルパッチョ風」(通常280元)。柔らかくて臭みがなく、肉汁をたっぷり閉じ込めたローストビーフは期待を裏切らないおいしさ。

じっくり熟成されたビーフステーキだからこそ、時間をかけてゆっくり味わいたいもの。今週はクラフトビールやワインのグラスを傾け、つかの間の「おいしい時間」を味わおう。

 

Info

住所 信義区松仁路58號 遠東百貨信義A13店3階

TEL 02-8786-3331

営業時間 11時半~22時半(ラストオーダー21時半、日曜休み)

席数 店内48席、テラス28席、個室1(6~8席)

予算 ランチ350元、ディナー700元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP