【特集】行列嫌いさん必見! 人気店でも並ばずに買うマル秘テク①

地元民が連日行列をつくる人気のローカルグルメ店。

暑い中、長時間並ぶのはちょっと…そもそも行列が嫌い…

でも何を売ってるの? そんなにおいしいの?

気になって仕方がないアナタに効率のよいマル秘テクニックをご紹介。

オフィス街の裏通りに面した、シンガポールで有名なチキンライス「海南鶏飯」だけを提供する店。近隣企業に勤めるオフィスワーカーたちのランチ御用達で、12時~13時は信じられないほど混み合う。
短時間でさっと湯通しした鶏肉を15分ほど蒸らし、骨を取ってスライスしごはんに添えただけのチキンライスは90元。これにおかず5品が少量ずつ付くと115元になる。ネギとショウガのタレがまたおいしく、ごはんもどんどん進んでしまう。スープはセルフサービスでお代わりも自由。
混雑時でもテイクアウトの場合はほんのすこ~しだけ早い…かも?

info
住:松山区慶城街16巷8號
電:02-8712-1200
営:11時~15時、16時~21時(土日休み)

002_三元號魯肉飯(サンユエンハオルーロウファン)

かつては診療所や漢方の問屋が多く立ち並んだエリアの中心にある、庶民の食堂的立ち位置の店。店内もどこかノスタルジックで、昔のカンフー映画に出てきそうな佇まいだ。
ここは人気なのにそれほど並ぶということがない。というのも、ベテランのスタッフたちがどんどん客を空いているところに座らせ、さばいていくからだ。店を訪れたらとりあえずエプロンをした人に話しかけるといいだろう。
自慢の魯肉飯は小碗で20元、大碗は30元。それからフカヒレスープ「魚翅肉羹」(小50/大70元)もこの店で頼まない客はいないというほど人気なのでマストオーダーだ。

info
住:大同区重慶北路二段11號
電:02-2558-9685
営:9時~21時20分

003_東門赤肉羹(ドンメンチーロウグン)

永康街の最寄り「東門」駅1番出口を出て路地を北へ入って行くと、永康街のオシャレさとは裏腹なローカル店や市場に出る。その中のひとつがこの店。
「羹(グン)」とはとろみのあるスープのことで、ぶつ切りの赤身肉が入った「赤肉羹」(50元)がこの店の看板メニューだ。常連らしき人々のオーダーを見ていると、女性はスープに麺かごはん、またはビーフンか細い白瀧「冬粉」の入ったものを、男性はスープに魯肉飯という取り合わせ。スープはかつお出汁がよく効いていて、日本人にもなじみやすい味。

info
住:中正区臨沂街56號
電:0932-139-491
営:6時半~14時半(土曜~13時半、日曜休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP