UBike返却予測 市立大が研究開発

 

台北市立大学はこの度、シェアサイクル「UBike」の返却を予測するアプリ「Trip Bike」を公布した。

市ではシェアサイクルと公共交通を併用し、エコな交通ライフを推奨。一方で主要MRT駅付近のレンタル可能な車両不足に悩まされており、利用者からの不満の声も多く聞かれる。

同アプリは「UBike」公式アプリ同様、利用可能な車両数や返却スタンド数のほか、旅行者の利便性を考慮し音声ナビを搭載。さらに公共交通下車時の利用可能な車両数を予測するシステムも導入している。

また市政府は10月より、シェアスクーター「we mo」を正式に導入した。

(11月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP