コストコ冷凍ベリー 公表の遅れに批判集中

大型スーパー「コストコ」で販売されていた「冷凍ミックスベリー」からA型肝炎ウイルスが検出された件で、食品薬物管理署が17日後に注意喚起を発表したとして批判が集まっている。

同商品は4月10日の国境検査でA型肝炎ウイルスを検出。しかし食品薬物管理署による注意喚起のリリースは28日だった。これについて同署長は、食品安全法に基づき検査から15日間の調整期間を設定していたが、24日時点でコストコからの回答がなく、29日までに不合格品のリストをまとめ5月1日にデータを完成、手続きを経て9日(火)に交付したと説明。なお台北市、新北市で肝炎感染が疑われる患者が見つかったが、精密検査、商品との関連性は確認中。
(5月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP