台北と新北で店内利用を解禁 8月の予約率が9割の店舗も

圖/TVBS

 台北・新北の両市で8月3日(火)、飲食店のイートインが開放され、市内のレストランに予約の電話が殺到していることがわかった。

 両市を含む一部地域では7月27日(火)より中央流行感染症指揮センターがイートイン解禁を決めるも、自主的に禁止を続行。1週間遅れでの規制緩和となった。

 四川料理店「開飯」やブッフェレストラン「饗食天堂」など7ブランド21店を運営する饗賓餐旅グループでは、当初11日(水)からの解禁を予定していたが、3日(火)より予約の電話が殺到したため8日(日)に前倒しすることを決定。同日は「父の日」に当たり、すでに満席だという。

圖/TVBS

 また焼肉や火鍋の日系チェーン「乾杯」グループも8割、リージェント(晶華)やシェラトン(喜来登)、ル・メリディアン(寒舎艾美)などホテル内のレストランも8月中の予約率が8割に達している。

(8月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP