黒塗りで踊るYoutuber 黒人バスケ選手が痛烈批判

Youtuber「反骨男孩」が6月15日(月)、顔を黒塗りにし踊りながら棺を担ぐ「棺ダンスチャレンジ」の動画を公開。これに対し、台湾に帰化したアメリカ出身のバスケット選手クインシー・デイヴィスが自身のIGアカウント上で痛烈に批判した。

「棺ダンス」はアフリカ・ガーナの葬儀会社が2015年に始めたサービス。死者を陽気に送る様子が好評となり、SNSを通じて世界に拡散された。

「反骨男孩」の3人は顔を黒と茶色に塗り、棺に見立てた箱をかついで路上の一般人を巻き込みパフォーマンスを行い、記録した映像を公開。デイヴィス選手は「これが台湾人のやるべきことか? 冗談では済まされない」「アメリカで経験してきたのと同じことが台湾でも起きた」と非難した

顔を黒く塗るパフォーマンスはアメリカの「ミンストレル・ショー」を始め、欧米やアジア各地で19世紀に流行。しかしいずれも奴隷制を背景に黒人を貶めるとして、代表的な人種差別の手法としてみられるようになった。

(6月16日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP