高雄ディズニー計画撤回 市議からの指摘と批判で

韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政策を撤回した。

同日行われた市議会の席上で、鍾易仲・市議は市長に対し「選挙時の政見と齟齬が多くみられるが、調整が必要では」と質問。これに対し市長は「唯一実現できそうにないのがディズニーランド」と撤回を認めた。市議はさらに、市長はしばしば大風呂敷を広げると噂されるが、実際に非現実的なものが多いと指摘。任期中に実現できないのであれば撤回すべきと厳しく批判した。

市長は「同計画には1億人の周辺人口が必要だと当選後に知った」とし、高雄は条件を満たさないとして撤回した。

(5月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP