高鐡乗車数のべ5億人を突破 1年間のフリーパスを贈呈

台湾高速鉄道会社は7月24日(火)、開業以来の累計利用者数がのべ5億人に達したことを発表した。

同社では5億人目と前後2人ずつの計5人に対し、プレゼントを用意。5億人目の乗客は1年間無制限の乗車フリーパスが、4人の前後賞にはビジネス席利用のパック旅行がペアで贈られる。今回5億人目となった乗客は23日(月)、新竹―台中間の往復チケットを購入、同時に4億9999万人目と5億人目の乗客となり、1年間のフリーパスとパック旅行の両方を受け取ることになる。

高鐡は2007年1月に操業を開始。1億人目は1306日目、2億人目はそれから867日目、3億人目は764と徐々に間隔を縮め、4億人目から5億人目まではわずか590日間での達成となった。4億9900人目からは毎10万人ごとにビジネス乗車券へのアップデートをプレゼントしていた。

(7月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP