香港デモでフライト欠航 日本政府も危険レベル1発令

「逃亡犯条例」を巡るデモ隊が香港空港を占拠した影響で、8月13日(火)、台北、高雄と香港を結ぶフライト50便以上が欠航となった。
同日午後、デモ隊は空港ロビーを占拠。チェックインカウンターはすべて閉じられ、エバー(長栄)、キャセイ(国泰)など各社のフライトが続々欠航となった。20時以降は正常運航に回復したが、翌14日(水)もキャセイ及びキャセイドラゴン航空が計8便のキャンセルを取り決めた。9日(金)~13日(火)までにキャンセルとなったフライトは1000便超。
なお日本の外務省は香港を危険レベル1に引き上げた。
(8月15日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  2. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
  3. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
PAGE TOP