選挙候補者の夫死亡 闘病に疲れ自殺か

新北市第5区から立法委員選に出馬する予定の候補者・徐金菊氏の夫が12月24日(火)、自家用車の車内にて意識混濁の状態で発見され、救急搬送されたが医療機関スタッフにより死亡が確認された。
警察によると同日夕方、徐氏が「夫が遺書を残して家を出た」と鶯歌派出所に通報。直ちに捜査を開始し、まもなく路上に停めた自家用車の車内で男性を発見した。男性は意識混濁状態だったが生命反応はあり、桃園の病院に搬送。しかしながらまもなく死亡した。
徐氏によると夫は長らくがんを患っており、闘病に疲れたものとみられる。なお徐氏は夫の逝去により、選挙活動を一時休止するという。
(12月25日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  2. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
  3. 台湾の女性タレント劉真が3月22日(日)22時22分、台北市内の病院で亡くなった。44歳だった。…
PAGE TOP