胃薬に発がん成分 台湾市販薬問題なし

胃薬の成分「ラニチジン」に発がん性物質「N―ニトロソジメチルアミン(NDMA)」が含まれるとして、食品薬物管理署は10月19日(土)、市販の胃薬287品の調査結果を公表。いずれも合格が確認され、継続して販売されることがわかった。
ラニチジンを含む胃薬は日本でニプロ、東和薬品など11社が販売。NDMAの含有が発覚し各社は回収を急いでいる。
(10月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 初体験の台湾式耳かき耳から頭、肩首までスッキリ台湾に来る前はベトナム勤務…
  2.  新北市觀光旅遊局は1月14日(木)18時より、公式webサイト(booking-ntp…
  3. 和食が旨い創作串焼居酒屋東区はカフェやアパレルショップが立ち並ぶ通り沿いの創作串焼店…
PAGE TOP