胃薬に発がん成分 台湾市販薬問題なし

胃薬の成分「ラニチジン」に発がん性物質「N―ニトロソジメチルアミン(NDMA)」が含まれるとして、食品薬物管理署は10月19日(土)、市販の胃薬287品の調査結果を公表。いずれも合格が確認され、継続して販売されることがわかった。
ラニチジンを含む胃薬は日本でニプロ、東和薬品など11社が販売。NDMAの含有が発覚し各社は回収を急いでいる。
(10月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市内で6月21日(日)、建設現場作業員の男性が、バイクで通りかかった男に通行止めであることを伝え…
  2. 台東縣卑南鄉にある民宿に宿泊中の香港籍の夫婦が6月20日(土)、屋外に停めた車の中で遺体で見つかった…
  3. 隠れ家的オシャレ店前から一度…
PAGE TOP