永和「世界豆漿大王」裁判 創業者同士の争いに決着

 

新北市永和区に本店がある「世界豆漿大王」創立者の李・王両家による経営権を巡る紛糾に関し、最高法院は6月12日(月)、李家及び株主10人に対し、王家へ賠償と6年分の利息計2358万元を支払うよう命じた。

両家はともに当時の当主が友人関係にあり、1955年同店を創業。97年に中正橋付近に建つ店舗の土地及び建物の所有権は半分ずつとした。しかしながら後に王家が経営を離れる際、李家は王家に土地建物の賃貸料として毎月35万元を支払うと取り決めたが、10年ほど前から支払われなくなったという。

新北市地方法院で行われた一審では、李家と株主に対し、663万元を王家に支払うよう命じていたが、二審で2358万元になり、李家が控訴していた。

(6月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP