日台の広告大手が業務提携 相互のグルメ交流を促進へ

 

台湾のメディア大手「合和集團Omni Ad」は12月5日(火)、日本のグルメ情報検索サイト「ぐるなび」及び交通広告代理店「NKB Inc.」との業務提携を公式に発表した。

観光局の資料によると、2017年末までの訪台日本人数は200万人にのぼり、年間成長率は14%増。大部分が観光または出張など商務目的の来訪とされる。同時に、台湾人にとって日本は出国目的地のトップに選ばれており、2016年の訪日旅客数は430万人となっている。

「ぐるなび」は今年5月に台湾に進出。「NKB Inc.」とともに「合和集團」の新システムを活用する。

(12月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP