小琉球でウミガメ迫害 観光客の男性を送検

屏東縣西部の離島・小琉球にて6月10日(月)「観光客がウミガメを踏みつけている」との通報が海岸巡防署に寄せられた。
通報したのは島の住民で、島北部の花瓶岩付近で海中を撮影中、シュノーケリングをしていた男性が海底にいるウミガメを踏みつけているのを目撃。ウミガメはワシントン条約附属書Iに掲載される絶滅危惧種のアオウミガメで、同署は男性を特定、野生動物保護法違反で送検した。
(6月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
  2. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
  3. 先週のニュース トップ51 師範大学生、渡航歴なしも感染発覚 13人隔離へ&nbsp…
PAGE TOP