小琉球でウミガメ迫害 観光客の男性を送検

屏東縣西部の離島・小琉球にて6月10日(月)「観光客がウミガメを踏みつけている」との通報が海岸巡防署に寄せられた。
通報したのは島の住民で、島北部の花瓶岩付近で海中を撮影中、シュノーケリングをしていた男性が海底にいるウミガメを踏みつけているのを目撃。ウミガメはワシントン条約附属書Iに掲載される絶滅危惧種のアオウミガメで、同署は男性を特定、野生動物保護法違反で送検した。
(6月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP