小琉球でウミガメ迫害 観光客の男性を送検

屏東縣西部の離島・小琉球にて6月10日(月)「観光客がウミガメを踏みつけている」との通報が海岸巡防署に寄せられた。
通報したのは島の住民で、島北部の花瓶岩付近で海中を撮影中、シュノーケリングをしていた男性が海底にいるウミガメを踏みつけているのを目撃。ウミガメはワシントン条約附属書Iに掲載される絶滅危惧種のアオウミガメで、同署は男性を特定、野生動物保護法違反で送検した。
(6月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市内のホテルで、人事担当者がスタッフに対し、身体的特徴を自ら同僚に説明する…
  2.  花蓮縣の東華大学の学生らが、大学付近にある食堂の女性店主に金銭を騙し取られた件で、…
  3.  配給用マスクを製造するナショナルチームに参加する「麥迪康(Medicom)」が、違法に…
PAGE TOP