小学生の緊急用小銭 教師に〝チップ〟渡す

Facebook上の掲示板「爆恐公社」にて、9月3日(火)、小学生の子どもを持つ母親が、子どもに持たせた小銭を子どもが教師に「チップ」として渡していたことを投稿。掲示板上で失笑を買っている。
投稿によると、小銭は電話をかけるなど非常時の緊急用として持たせたもの。しかしながら教師が授業中にギターを弾いた際、子どもは小銭を取り出し教師に差し出したという。母親がこの件に関し子どもを問い質したところ、子どもは「先生のギターがすばらしかったから」と話したという。
ネット上では「純粋でかわいい」、「ストリートミュージシャンが好きなんだろう」など好意的な反応が寄せられている。
(9月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP