双子の妹が姉の金盗む 自白書で姉の無罪確定

苗栗縣にすむ女性が、銀行口座内の預金を盗まれたと通報したもののカバンから出金明細が見つかり虚偽告訴罪で有罪とされた件で、双子の妹の犯行とわかり女性が逆転無罪を勝ち取るという出来事があった。
女性は2016年、自身の口座から二度に渡り計1万2000元が引き出され警察に通報。しかしながらカバンから出金明細書が見つかったほか、監視カメラ映像から本人が引き出す様子が確認され、逆に虚偽告訴罪で送検され30日間の簡易判決を受けた。後に女性の妹が死の直前に書き残した手紙に犯行を自白する内容が含まれ、筆跡鑑定などを経て妹の犯行であることが証明された。
(6月2日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP