内湖のスタバでトイレ盗撮 3カ月の捜査で犯人逮捕へ

台北市内湖区のコーヒーショップにて盗撮行為を行っていた男が8月20日(火)、警察により身柄を押さえられた。

警察によると男は「スターバックス内湖洲子店」内の男女共用トイレに隠しカメラを設置。5月24日(木)、1人の女性客がトイレを使用した際、タンク上部奥に赤いランプが点滅しているのを見つけ、小型のカメラが設置されているのを発見した。警察は同店舗の会員カードや、カメラ内のメモリーカードに残された写真などのデータから犯人の男を割り出した。

男は45歳の既婚者で、大直明水路付近にある50坪の豪邸に住んでいた。警察は8月21日(火)男の自宅を家宅捜査し、証拠品としてタブレット6台、スマートフォン2台、撮影機材2台、外付けハードディスク及びUSBメモリ計12台を押収した。

男は当初流暢な中国語で容疑を否認していたが、21日(火)になって自身は中国語が得意でないため、通訳者を付けてほしいと英語で話し始めたという。しかしながら警察が通訳者の到着には時間がかかることを伝えると、中国語で再び話し始め罪を認めた。

(8月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP