中学生同士のケンカ 頸部出血多量で死亡

南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸部に当たり、少年が出血多量により死亡する事件が発生した。

目撃者によると2人は同日午後、下校後に自宅近辺にてゲームで遊んでいたところ、少年が男子中学生に対し「レベルが低い」などと嘲笑。カッとした男子中学生がカッターナイフを持ち出し投げつけたという。少年は出血多量で救急搬送されたがまもなく死亡が確認された。

少年の遺体は23日(月)、解剖が行われ、頸部の傷は深さ約2cmに及んでいたことがわかった。しかしながら担当医師は「投げつけただけでここまで深く刺さるものではない」と証言を疑い、警察がさらなる調査を進めている。

(3月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. リンパマッサージで体質改善代謝の停滞、ダイエットに台湾で不規則・不健…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に台北駅が2月末より駅内のホールに座り込むことを禁止していた件…
  3. お店のオススメを堪能今日やっ…
PAGE TOP