バナナ泥棒を殴殺 農園主に3年の刑

2017年5月、屏東縣の農園でバナナを盗んでいた男が、農園主に見つかり殴り殺された件で、高等法院高雄分所は5月26日(火)、農園主の男に妨害自由致死罪で3年の刑を言い渡した。

事件当時、農園主は近隣住民から男がバナナを盗んでいるのを発見、男は逃げたが追いかけ、近くにあった竹や鉄の棒で殴った。男がぐったりしたことに気づき救急通報したが、すでに絶命していたという。

(5月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP