ネット購入のマスク 湖北省産の標示に疑問

台湾に住む男性が、近頃アメリカのネットショッピングで購入したマスク500個の製造地が「中国湖北」と書かれていた件で、ネット上で疑問を呈する声が相次いでいる。

掲示板「PTT」の投稿によると、男性はオーダーしたマスクがなかなか届かず、販売者に催促したところ「品物が雨で濡れた」、「欠品中で交換できない」などと返信がった。さらにショッピングサイトへクレームを入れ続け、やっと届いたマスクは販売元は日本の大阪にあるメーカーだが、生産地が武漢市のある「湖北省」だったうえ、8個足りなかったという。

ネット上では「現地でも足りてないのでは」といったコメントが見られる。

(2月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  シンガポールのクーポンサイト「Picodi」が近頃「i Phone 12」を購入するために…
  2.  花蓮縣秀林郷の太魯閣國家公園奇莱主山北峰にて、登山客の男性3人がズボンと下着を下ろし下半身を露…
  3.   第57回金馬映画奨の授賞式が11月21日(土)に行われ「消失的情…
PAGE TOP