ドリンクスタンド成分表示 実際の検測値最大6・9倍も

台湾の健康団体「董氏基金会」の食品栄養センターが近頃行った調査によると、ドリンクスタンド店で販売されているドリンク類のカロリー量が、表示された値と大きく異なることがわかった。
同団体は人々の精神的、身体的健康を目指し、治療よりも予防を重点とした活動を展開。今回の調査では台北市と近郊のチェーン店22社の55店舗で販売されるドリンク169点を対象に、糖含有量とカロリー量を表示値と比較した。
「黒糖烏梅レモン蜜ドリンク」は100cc中の糖含有量が6・67㌘と表示されていたが実際には16㌘で2・4倍、また「紅豆珍珠鮮奶茶」100ccのカロリー量は10㌔カロリーと表示されていたが実際には69・09㌔カロリーで6・9倍の開きがあった。
この報告を受け衛生福利部食品薬物管理署は専門家会議を経て来年にも成分表示の改善を進めるとしている。
(6月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP