タバコの吸い殻で火災 学校火災に賠償57万元

等法院高雄分院は2月26日(火)、タバコのポイ捨てから重大な火災を招いたとして、高雄市に住む男に57万元の賠償金支払いを命じた。
男は2014年、小学校のトイレで喫煙、火が消えていない吸い殻をゴミ箱に投棄。吸い殻から燃え移った火が学校の火災を招き、トイレは全焼、トイレのある2階部分も大きく損傷した。
学校側は100万元の賠償を求め男を起訴していた。
(2月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  2. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
  3. リンパマッサージで体質改善代謝の停滞、ダイエットに台湾で不規則・不健…
PAGE TOP