サツマイモ売りの少女 屋台守りつつ勉学励む

 

花蓮縣から台東縣を結ぶ省道「台11線」の路肩で、近頃サツマイモ(地瓜)を売る傍ら、勉強する少女の姿がネットを中心に拡散され、関心を集めている。

少女は小学5年生で、兄と母親とともに暮らしており、自家栽培のサツマイモを1袋100元にて販売している。少女がサツマイモを売るのは台東縣卑南郷の省道。少女は来店客のいない隙を見つけては教科書を開いて勉強していた。写真を見た人々は、寒い中屋台を守る少女を早く帰宅させてあげたいとの思いから、サツマイモを買い上げようと呼びかけ、駆けつけたユーザーらがサツマイモを買い占めたという。

(1月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP