コンサートチケット絡む詐欺 1週間で52件の被害報告

台湾のミュージシャンが今年末に予定しているコンサートのチケットの取引額が高騰しているほか、ダフ屋によるチケットの転売をめぐり詐欺案件も頻発していることがわかった。
コンサートを予定しているのはロックバンド「五月天」と歌手のジョリン・ツァイ(蔡依林)。刑事局によると発売から1週間の間にチケット転売で詐欺が発覚したのは52件にのぼり、金額は2000 ~ 1万元。いずれもFacebookやLINEなどSNSツールを利用し、チケット代を振り込んだ後チケットが届かず、連絡も不通となっているという。
また五月天は12月21日(土)から10公演、蔡依林は12月30日(月)から6公演を予定しているがチケットはすべて売り切れ状態。五月天は12月27日(金)に追加公演を決定し10月26日(土)に発売予定だが、こちらもダフ屋がチケットを買い占めるのではとファンらの間で懸念が広がっている。
「165詐騙諮詢ホットライン」ではファンに対し、チケットの取引は直接会って行うよう注意を呼び掛けている。
(10月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP