アート作品を破壊 来場者に賠償命令

台北市で2016年に行われたアートイベントで来場者の男が芸術家・王德瑜氏の作品を故意に損壊したとして出品したギャラリーが男に賠償を求めていた件で、台北地方法院は近頃男に対し16万3000元の賠償金支払いを命じた。
王氏の作品はビニール製で空気を含んだもので、男が作品を強く殴打したところ破裂したという。ギャラリーは定価65万元の7割を氏に対し支払い済み。
(7月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP