アート作品を破壊 来場者に賠償命令

台北市で2016年に行われたアートイベントで来場者の男が芸術家・王德瑜氏の作品を故意に損壊したとして出品したギャラリーが男に賠償を求めていた件で、台北地方法院は近頃男に対し16万3000元の賠償金支払いを命じた。
王氏の作品はビニール製で空気を含んだもので、男が作品を強く殴打したところ破裂したという。ギャラリーは定価65万元の7割を氏に対し支払い済み。
(7月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市沖で7月3日(金)、海軍陸戦隊の海上演習中にゴムボートが転覆。この事故で2人が死亡、1人が重傷…
  2. 中央流行感染症指揮センターは7月3日(金)に台湾を経由し香港へ渡ったフィリピン籍の乗客が香港で新型コ…
  3. 本場スペインバル今年5月、オープン2周年を迎えた「カサ・デ・アミーゴス」は、スペイン…
PAGE TOP