〝雙11〟大規模セール 昨年比4倍を売り上げ

 

中国で「光棍節(独身の日)」と呼ばれる11月11日(土)前後に、台湾のYahoo奇摩、momo、PChome24hなどネットショッピングサイト各社は大型セールを開催。史上最高売上を更新した。

momoは今年、コンピューターや家電、生活用品を主に販売。平日と比較して約5倍、8億元増となる15億元の売上高を達成、年間売上87.5%増となった。同日最後の1時間は、毎秒11.5件の取引があったという。またPChome24hにはのべ4400万人が訪れ、1日の取引数が43万件に達した。

楽天市場の統計によると、今年の売り上げ件数は昨年比で約2倍、1日当たりの業績は平日と比較し7倍、全体的な業績は昨年同期比で4倍。

(11月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP