【今週もゴチになります】Banco-イタリアンレストラン-

本場仕込みのピザ

小巨蛋裏手に当たる八徳路と延吉街の角にあるイタリアン「Banco」。マヨルカタイルを敷いた歩道からガラスのドアを押し開けると、ピザ焼き窯が目に飛び込んでくる。この焼き窯、イタリアの有名職人ステファノ氏の手によるもので、船便で2カ月をかけ運び込んだのだとか。

この窯を操るのは、日本人で唯一世界ナポリピザ大使の称号を持つ牧島氏に学んだシェフ陣。今年6月、本場・イタリアのナポリで毎年行われるコンテストにて4位入賞という功績を修めた凄腕たちだ。

そんなわけで、同店ではピザ発祥の地・本場ナポリ仕込みのふっくらと厚いピザを提供。人気メニューはクラシックな「マルゲリータ」(190元)に「生ハムとルッコラ」(390元)。しっとりモチモチの食感にボリューミーな具材、このおいしさには目を見張るものがある。店内にはスタッフ5人の「APN(ナポリピッツァ職人協会)」公認証書が飾られ、これこそが本物のイタリアピザだと証明している。

新しいイタリアン

また台湾でもなかなか出会えない生パスタ。生パスタの最大の特徴はその表面がざらざらとした粗さ。ソースをしっかり絡めとり、最後のひと口までおいしくいただく秘訣なのだという。

デザートはコーヒーとセットで110元。ニンジンの臭みがまったくないのにニンジン100%の「キャロットケーキ」は、欧米で長きに渡り愛されてきたヘルシースイーツだ。

ドリンクはワインのほか、自家製のフルーツジャムを入れたハイボールに日本酒スパークリングなどこれまた多様。伝統的なのに新しいイタリアンの楽しみ方を知るいい機会だ。

Info

住所 松山区八徳路三段108號

TEL 02-2579-4010

営業時間 11時半~21時

席数 55席

予算 350元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Facebook上のページ「爆廢公社」にて、11月12日(火)、山中の渓流で登山者が投げ捨てたゴ…
  2. 嘉義縣の呉鳳科技大学餐旅管理科3年の女子学生2人が、近頃韓国の釜山で行われた「韓国国際技能人コン…
  3. 台中市中区のアパートで母子3人の遺体が見つかった件で、検察は11月11日(月)、被害者3人の解剖…
PAGE TOP