高速バス事故で6死 前方車両の特定急ぐ

 

台湾南部高雄市で9月11日(月)深夜、国道1号線を走行する高速バスがガードレールに衝突、乗客6人が死亡、ドライバーを含む11人が負傷する事故があった。

事故を起こしたのは、高雄市の「阿羅哈客運」が運行する、高雄発台北市行きの高速バス。ドライバーは事故の原因を、突然前方に無灯火の小型車が出現し、急ハンドルを切ったと話し、乗客もこの説明を裏付ける証言をした。検察及び警察は、事故当時のバスの走行速度が時速120kmに達していたことを割り出したうえで、前方車両にも責任があるとして特定を急いでいる。

交通部長によると、シートベルトなど関連規則を強化、10月末までに施行するという。

(9月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP