高速バス事故で6死 前方車両の特定急ぐ

 

台湾南部高雄市で9月11日(月)深夜、国道1号線を走行する高速バスがガードレールに衝突、乗客6人が死亡、ドライバーを含む11人が負傷する事故があった。

事故を起こしたのは、高雄市の「阿羅哈客運」が運行する、高雄発台北市行きの高速バス。ドライバーは事故の原因を、突然前方に無灯火の小型車が出現し、急ハンドルを切ったと話し、乗客もこの説明を裏付ける証言をした。検察及び警察は、事故当時のバスの走行速度が時速120kmに達していたことを割り出したうえで、前方車両にも責任があるとして特定を急いでいる。

交通部長によると、シートベルトなど関連規則を強化、10月末までに施行するという。

(9月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾中央選挙委員会は4月17日(火)、同性婚反対に関する3つの国民投票案が合法で…
  2. 2016年3月に台北市内湖区で発生した幼女通り魔殺害事件の繰り延べ裁判が4月16…
  3. 労働部職業安全衛生署は近頃、台湾全土にあるドリンクスタンドを無作為に20店抽出、…
PAGE TOP