高速バス事故で6死 前方車両の特定急ぐ

 

台湾南部高雄市で9月11日(月)深夜、国道1号線を走行する高速バスがガードレールに衝突、乗客6人が死亡、ドライバーを含む11人が負傷する事故があった。

事故を起こしたのは、高雄市の「阿羅哈客運」が運行する、高雄発台北市行きの高速バス。ドライバーは事故の原因を、突然前方に無灯火の小型車が出現し、急ハンドルを切ったと話し、乗客もこの説明を裏付ける証言をした。検察及び警察は、事故当時のバスの走行速度が時速120kmに達していたことを割り出したうえで、前方車両にも責任があるとして特定を急いでいる。

交通部長によると、シートベルトなど関連規則を強化、10月末までに施行するという。

(9月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP