車両ナンバー上下間違い 罰金+ナンバー取り上げ

 

高雄市に住む男性が、自家用車のナンバーを誤って逆さまに取りつけていたことで5400元の罰金を科され、ナンバーを取り上げられるという出来事があった。

警察によると、男性が市内の路上を走行していた際、ナンバーをかけ違えているとして検挙。本来「9696-○○」であるはずのナンバーが逆さまに取りつけられ、「○○-9696」となっていた。男性は罰金の支払い命令を受け取った後出頭、ドライブレコーダーを設置した際に、上下を取り違えたとして過失を主張。しかしながら過失または故意であれ交通管理処罰条例に該当するとして罰金の支払いとナンバー無効の判断を下した。

(3月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP