嘉義でフィプロニル汚染卵 台北市の販売店立ち入り検査

 

嘉義縣の畜産場で8月29日(火)、鶏卵から殺虫成分「フィプロニル」が13.3ppb検出され、5200個の鶏卵が流通不可となった。

同畜産場で生産された鶏卵を販売する台北市信義区の店舗「永吉蛋行」では、台北市政府衛生局の立ち入り検査が行われ、約1万件の鶏卵及び加工食品を売り場から撤去。鶏卵は嘉義縣に戻され、廃棄された。

「フィプロニル」はゴキブリやダニの駆除に使われる殺虫成分。家畜の飼育施設の洗浄や害虫駆除に用いられたものが鶏に取り込まれ、鶏卵を汚染したものとみられる。ヨーロッパでは、人間が食べるものにフィプロニルを使用することは法律上禁じられているが、少量であれば健康被害には至らないという。

農業委員会と衛生福利部食品藥物管理署によると、28日(月)までに約17万個の鶏卵を回収、44件の養鶏場を不合格とした。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP