台風休暇でMRT駅超満員 北部3市6年ぶり分離決定

大型の台風8号「マリア」到来により、台湾北部の台北・新北・基隆の3市〝北北基〟では7月10日(火)16時から該当区域の企業や学校を休暇とする〝停班停課〟を発令。台北市内の各MRT駅では同時刻以降、退社・下校し家路を急ぐ人々で溢れ返った。

台風の影響は同日23時頃がピークとされたが、22時時点で各市政府は翌11日(水)の〝停班停課〟状況を発表。新北市が休暇を決めた一方で、台北市長・柯文哲は平常通りとする決定を下した。これは2012年に3市と桃園市を含む「大台北生活圏」でコンセンサスをとるようになってから初めての分離決定となる。チャットアプリ「LINE」のモバイルニュースサービス「LINE TODAY」では、22時に休暇の可否を配信、同時刻前後にアクセスするユーザーが急増し一時音声や画像の送信が不能となった。

交通面では、台鐡が10日(火)正午より北部方面への路線で運行を休止したほか、空の便も14時頃から航空各社が運航を取り止めた。

(7月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP