古き良き屋台のラッパ音 フランス人が楽曲に転用

 

台湾に住むフランス人ソングライターの男性が、近頃台湾の街角でアイスクリームを販売する屋台のラッパをサンプリングした楽曲をネット上で発表し、注目を集めている。

この男性は台湾に居住して4年。台北MRTなど街中にあふれる音をサンプリングし、楽曲に採用してきたという。

今回彼が採用したのは、1950年代から続く伝統的なアイスクリーム屋台のラッパ音。

この音を「叭噗叭噗(バブバブ)」と表現し「Touch my 叭噗叭噗」など歌詞にも生かしている。曲調はエレクトロ/テクノで、若者を中心に人気を集めている。

(11月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP