古き良き屋台のラッパ音 フランス人が楽曲に転用

 

台湾に住むフランス人ソングライターの男性が、近頃台湾の街角でアイスクリームを販売する屋台のラッパをサンプリングした楽曲をネット上で発表し、注目を集めている。

この男性は台湾に居住して4年。台北MRTなど街中にあふれる音をサンプリングし、楽曲に採用してきたという。

今回彼が採用したのは、1950年代から続く伝統的なアイスクリーム屋台のラッパ音。

この音を「叭噗叭噗(バブバブ)」と表現し「Touch my 叭噗叭噗」など歌詞にも生かしている。曲調はエレクトロ/テクノで、若者を中心に人気を集めている。

(11月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP