中学校教師が暴言 学生の母親を否定

 

あるネットユーザーの女性が近頃、自身の娘が通う中学校の教師の暴言について書き込み、議論を醸している。

Facebook上のページ「爆怨公社」に投稿された内容によると、娘は美容師を目指しており、夏休み期間中の集中補習に出席しても意味がないと考え、欠席する旨を教師に伝えた。すると教師は「まさか母親のような人生を送りたいのか」と発言。娘は女手一つで自分を育ててくれた母親をこのように言われたことで不快になり、母親に相談した。

母親は「片親ではいけないの? 夏季補習を受ければ幸せになれるの?」と書き込んだ。ネット上では「教育者が口にすべきでない」と批判が集まっている。

(6月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP