イギリス発「コンテナ型民宿」 条例違反で5業者に罰金

 

行政院消費者保護署は6月5日(火)、現行の「発展観光条例」に違反するとして「コンテナ型民宿」を運営する5業者を処罰することを明らかにした。

同署によると、近年の旅行ブームと相まって、台湾では民宿業を営む企業・個人が増加。中でもイギリス発祥の「コンテナ型」は資金やコストが抑えられるとして人気だが、台湾の条例ではすべて違反となる。

今回処罰されたのは台東縣の「老船長」、台南市の「時驛商業會館」、屏東縣の「1302海景民宿」など5軒、計24室。いずれも無許可での運営で、33万6000元の罰金が科された。

(6月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP