イギリス発「コンテナ型民宿」 条例違反で5業者に罰金

 

行政院消費者保護署は6月5日(火)、現行の「発展観光条例」に違反するとして「コンテナ型民宿」を運営する5業者を処罰することを明らかにした。

同署によると、近年の旅行ブームと相まって、台湾では民宿業を営む企業・個人が増加。中でもイギリス発祥の「コンテナ型」は資金やコストが抑えられるとして人気だが、台湾の条例ではすべて違反となる。

今回処罰されたのは台東縣の「老船長」、台南市の「時驛商業會館」、屏東縣の「1302海景民宿」など5軒、計24室。いずれも無許可での運営で、33万6000元の罰金が科された。

(6月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP