【特集】あの映画の主役になりきろう!台湾映画で聖地巡礼④

~憧れの映画スターになりきる旅~

入り組んだ路地を入れば、そこは映画に登場したあの道。
映画のワンシーンを思い浮かべながら、スター気取りでローカル散歩に出かけよう。
ただのお散歩が100倍楽しくなる!

番外編~台湾で撮影した外国映画~

台湾は様々な地形を有しており、また他国に比べてロケがしやすいということで、
ハリウッドやヨーロッパ作品の撮影班がよく訪れているそう。あの名作の舞台も実は台湾だった!

17世紀の日本は台湾にあった!?

「沈黙—サイレンス—」

2016年アメリカ

監督:マーティン・スコセッシ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、イッセー尾形

遠藤周作による1966年の小説を原作とした映画。
17世紀、江戸時代初頭の「キリシタン狩り」をテーマとし、日本の役人に棄教を迫られるポルトガル人宣教師の苦悩と、迫害される日本人信者を描いている。
日本人の役者も多数出演。九州の五島列島が舞台となっているが、17世紀の日本を再現するのは困難を極め、2015年1月~5月にかけ台湾で主要シーンを撮影した。

温泉から立ち上る湯気が神秘的な地熱谷

撮影SPOT

・台北市北投区地熱谷
・新北市平溪区大壺華穴
・新北市雙溪区燦光寮古道
・新北市貢寮区桃源谷
・花蓮市寿豊郷牛山風景区

 

監督の大好物は小籠包!

「ルーシー/LUCY」

2014年フランス

監督:リュック・ベッソン

演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク

台北を旅行で訪れたアメリカ人女性・ルーシー。
ホテルで遭遇したマフィアから、潜在能力を極限まで高める新型の麻薬を体内に埋め込まれ、運び屋にさせられる。
それを狙う別のマフィアによる拷問で体内の袋が破れ、超人的な能力を発揮したルーシーは、追手をかわしつつ脳科学の権威に助けを求める。
リュック・ベッソン監督はロケ地に台北を選んだことについて「101はエッフェル塔のよう、ランドマークがあって水平的に広がる街並みもパリに似ている」と話している。

かつて鉄道車両の製造・修理が行われていた台北機廠

撮影SPOT

・台北市中山北路
・晶華酒店(リージェントホテル)
・永楽市場
・台北機廠
・桃園空港国際ターミナル
・台北101

美しすぎる海はセット&CG!!

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

2012年アメリカ

監督:アン・リー(李安)

出演:スラージ・シャルマ、イルファーン・カーン、タッブー、レイフ・スポール

インドからカナダへ一家で移住することになったパイは、船の沈没により家族を失い、1頭のトラ、オランウータン、ハイエナ、シマウマとともに海を漂流する。救助後、保険の調査員に〝真実〟を求められたパイは別の物語を語るのだが…。
映像の美しさと物語の不思議さに飲み込まれ、世界でヒットを記録。
何と多くのシーンは海ではなく、台中の飛行場に造った大型の人工池で撮影、CGで加工したんだとか。造波装置は12基、66万ガロンの水を使用したとのこと。なお動物は台北市動物園の協力で出演。

密林の広がる白榕園

撮影SPOT

・中台湾影視基地
・墾丁白沙湾
・港口白榕園

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP