【今週もゴチになります】 鶴田屋(つるだや )—洋食屋—

食べて飲める日本の洋食屋

大直で「日本の洋食」が味わえる店として在台日本人のみならず、地元の人にも愛されてきた「鶴田屋」。昨年11月にアクセスの良い南京東路に移転し、さらに通いやすくなった。

日本の洋食発祥の地・長崎で生まれ育ち、修行したオーナー黄さんが腕を奮う洋食メニューの数々に加え、新店舗ではサイドメニューやアルコールなどドリンク類も充実。「食べて飲める洋食屋さん」に変身した。

絶品ハンバーグは必食!

鶴田屋といえば「ハンバーグトルコライス」(220元)。ナポリタンとターメリックライスの上に肉厚自家製ハンバーグがのった、一度に三つの味が楽しめる長崎名物のワンプレートだ。ふっくらジューシーに焼き上げたハンバーグには、九州特有のほんのり甘みのある特製デミグラスソースを絡めて。

ランチにもディナーにもオススメしたいのがライス・サラダ・特製オニオンスープ付き、アツアツの鉄板でハンバーグとコロッケやチキンカツなど揚物をコンビにした「鉄板ハンバーグセット」(290元~)。中でもイチオシは、手捏ねハンバーグと、大ぶりの広島産牡蠣の「ハンバーグと広島産カキフライ」(410元)。自家製生パン粉でカラッと揚げてあり、日本の洋食屋にいる錯覚を覚えるほどだ。気の合う友人と一緒に、おいしいチリワイン「SENORA ROSA」(700元/本)を合わせてどうぞ。

今回は、通常700元のコースが600元に。ボリューム満点350gの「デミグラスハンバーグ」や「ペペロンチーノ」などのメインディッシュに加え、お酒のお供に最適な単品料理「スモークサーモンのカルパッチョ」、「ポークソテーのトスカーナバルサミコソース」など全8品。さらにフランス産ハウスワインも1本サービス。

帰省できない今こそ「日本の洋食」を味わいに鶴田屋へ足を運ぼう。

 

 

Info

住所 

中山区南京東路三段109巷3號

TEL 

02-2515-7268

営業時間

1時半~14時半、17時~21時半(ラストオーダー各30分前)

席数 

46席

予算 

ランチ170元~、ディナー300元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
  2. 高雄市鳳山区の「衛武營國家藝術文化センター」について、建築設計を担ったオランダ人建築家のフランシーン…
  3. パラジェルでダメージ知らず子連れもOKなネイルサロン毎日うだるように…
PAGE TOP