Google検索ワード トップは「我們與惡的距離」

Google台湾は12月11日(水)、今年の検索ワードランキングを発表。台湾での急上昇ワードは、3月から4月にかけHBOにて放送されたドラマのタイトル「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」が首位に輝いた。
次いで日本チームが1位、台湾は5位になった「WBSCプレミア12(世界12強棒球賽)」、6月からいまだ抗議デモなど民主化運動が続く「香港反送中」。また政治関連からは総統選への出馬を表明する高雄市長「韓國瑜」が昨年に続きランクインしている。
首位のドラマ「私たちと悪の距離」は台湾で初めて無差別殺傷事件をテーマに取り上げた作品。近年実際に起きた事件をベースに、メディア業界や関係者、またその家族、精神疾病など関連する問題に鋭く切り込み、視聴者に議論を呈するなど大きな社会現象を呼び起こした。
そのほかには17日間にも及んだ「エバー航空ストライキ」、台湾を含む世界を震撼させた「京アニ火災」、世界的大ヒットとなった映画「ジョーカー」などがランクイン。
(12月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
  2. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
  3. 先週のニュース トップ51 師範大学生、渡航歴なしも感染発覚 13人隔離へ&nbsp…
PAGE TOP