海外観光客にフルーツ贈呈 観光局、全家4100店で

圖/全家FamilyMart

 交通部観光局はこの度、コンビニ大手「全家FamilyMart」と提携し、国外からの観光客に台湾フルーツを贈呈するプロモーションを実施することがわかった。
 
 観光局は12月10日より入境者数の制限が撤廃されることを受け、観光客への歓迎の意を表し、台湾フルーツを贈呈する。特色あるフルーツを通じて観光業を後押しする狙い。
 
 観光局が発行するフルーツ交換券「台湾水果盒兌換卡」を全家店舗に持参すると、新鮮なカットフルーツがもらえる。台湾全土の全家4100店舗にて対応し、当初はメロンや柿で限定10万人分を用意し、今後はアテモヤ(鳳梨釋迦)、ワックスアップル(蓮霧)など台湾特産のフルーツを導入するという。

 なおこのフルーツ交換券は、海外から出発する前に当地の台湾事務所にて申請すると、郵送にて配布される。申請は個人旅行の場合は当事者が、ツアー/団体旅行の場合は主催旅行社が代理で行う。
 
(11月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP