936日ぶり再び国境を開放 訪台客初号はタイからのツアー

 10月13日(火)0時、新型コロナウイルスの水際対策のため封鎖されていた国境が、936日ぶりに再び開放された。同日0時10分、タイからのツアー客が到着、初の訪台ツアー団来訪となった。

 同日の入境者数は1万2494人で、前12日(水)の3653人の約3倍。出境者は7890人で、前日より1383人増となった。

 観光局によると同日到着したのは、日本や韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムからのツアー20グループ244人。第一弾となったタイからのツアー客40人は3泊4日の日程で、九份や日月潭など著名観光スポットを巡る。

 桃園空港では清掃員を増員し、同日は600名体制で整備。國光客運と統聯客運も空港路線バスの運行を1日2便から14便に増便した。

 また高鐵では12日(水)から11月30日(水)まで、海外からの観光客を対象に片道乗車券を30%オフにて販売。そのほか高鐵が提携するホテルに宿泊すると、35%オフのチケットが購入できる特典もある。

(10月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP