第3次大戦引き金 台湾含む5地点に

 

アメリカの外交専門誌「ナショナル・インタレスト」は12月19日(火)、「2018年に第3次世界大戦の火種になり得る5カ所」を発表。北朝鮮を筆頭に、台湾や中国などがこの中に入った。

同レポートはケンタッキー大学にて外交問題を教える講師が寄稿したもの。北朝鮮の核兵器増強やトランプ政権の対応などを受け、世界は深刻な危機に直面していると警鐘を鳴らした。

(12月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP