届かないデリバリー商品 配送員に食べられる

新北市三重区に住む男性が5月11日(月)、foodpandaでオーダーしたものがなかなか届かず配送員の現在地へ向かうと、配送員が男性のオーダーしたものを食べている現場に遭遇するという出来事があった。

男性によると、オーダー時に表示された配送予定時間が約3分だったため、アパートの階下にて到着を待った。ところが40分が経っても届かず、不思議に思いアプリで再確認すると、配送員の現在地が付近の公園だったため出向いたところ、スーツ姿の男が男性のオーダーした商品を食べていたという。

男は当初人違いと主張し強硬な姿勢を見せていたが、男性が警察に通報しようとすると態度を急変させ謝罪した。通報を受け到着した警察に対し、男は男性へ何度も連絡したが応答がなく、仕方なく商品を食べた、システムエラーだと主張した。最終的に費用を賠償し、和解したという。

(5月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP