太魯閣近くの山に野良犬 虐待から山中に逃れる

台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。過去に虐待されたとみられ近寄ることができないが、下山させて保護したいとの旨をネット上の掲示板に投稿した。

投稿によると、ピットブルを目撃したのは海抜3500mの地点で、犬や猫が野生で居住するには適さないとの声もある。近くの山荘を運営する人物によるとこの犬は山麓付近の住人に飼われていたが虐待され、自身で山を登り逃げてきたという。後に職員に伴われて下山したが再び山荘付近に戻り、現在は山荘職員に餌を与えられている。

(6月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP