外国籍介護士に暴力の男 検察署が権利侵害で起訴

インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は10月8日(火)、雇用主である台湾人の男を、女性の自由行動権を違法に侵害したうえ強制罪などで起訴した。
女性は昨年9月、雇用主の母親の介護士として雇用された。男は女性の休暇を1カ月に1日しか認めておらず、さらに12時間を超えず1カ月前に告知するよう求めるなどしており、双方は度々衝突。今年6月、インドネシアの正月に際し女性が休暇を申し出ると男は事前に告知がなかったこと、1カ月以内にすでに休暇を取得していたことを理由に拒否。さらに女性の顔や頭を殴打し、出かけさせまいとしてドアに鍵をかけた。女性は6階のベランダから出ようとして転落、頭部に重傷を負い歩行不能となった。女性の姉によると男の暴言や暴力は動画を見せられたことがあるという。
(10月8日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政…
  2. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  3. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
PAGE TOP