地球の気温1度アップ 台風の増加にも影響

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の最新報告によると、今年9月の平均気温は+0・95度で、2015年に並び140年間で最も気温が高かったことがわかった。
また北極圏の氷の被覆率も過去3番目の低さで、平均より32・6%低下。台湾の稀少専門家は、海水温度の上昇により海洋の賛成か、また生態系に変化を与えるほか、日本や中国南方部への台風増加傾向にも留意すべきとしている。
(10月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台湾人インフルエンサーの王依渟が2月24日(水)、ライブストリーミング…
  2.  台東縣の「海端駅」にて2月23日(火)8時過ぎ、線路上で部品の交換作業を行…
  3.  労働部統計處が2月23日(火)発表したデータによると、昨年の給与所得の男女差は…
PAGE TOP