同性カップル結婚訴訟 部分敗訴に遺憾の意

 

台北市に住む同性カップルが3年前、中正区の戸政事務所に結婚登記を拒否され、同事務所を相手取った行政訴訟で、台北高等行政法院は10月12日(木)、同事務所の拒否はすでに違法とする一方、2人の結婚登記を却下した。

同法院は、現行の法律には同性婚に該当する項目がないことを理由に却下。

2人を担当する弁護士は部分敗訴に遺憾を表明、市政府の迅速な対応を要求している。

(10月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP