列車事故で親類8人失う 遺族のレストランで出火

昨年10月の特急列車「普悠瑪號」による脱線事故で8人の親類を失った遺族が経営するレストランで、8月26日(月)夜、火災が発生。けが人などは出なかった。
レストランは台東縣成功鎮和平路の海鮮料理を提供する「雲海餐廰」。かつての経営者一族17人が昨年10月、娘の結婚式に参列した帰り「普悠瑪號」の事故に遭遇し、うち8人が帰らぬ人となった。同レストランは事故のためしばらく休業としていたが、今年の春節頃から遺族の男女が経営を引き継ぎ営業を再開。
火は1階倉庫から出たもので、変電設備がショートしたことが原因とみられ、約100㍍を焼き1時間後に消し止められた。
(8月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スターラックス航空(星宇航空)は7月27日(月)、この夏に桃園発澎湖、金門、台東線のチャーター便を運…
  2. 桃園市中壢区にある公共プールで、7月25日(土)、男性が子どもの首をつかみ水の中に押し込む様子が目撃…
  3. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
PAGE TOP