リードなし散歩のペット 半年間で違反30人に

台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼることを明らかにした。
台北市では動物保護自治条例により、ペットが路上や公園など公共の場所を散歩する際のリードの着用を義務付けている。年間約450件の違反報告を受け同署では8人のスタッフを配置、違反者を摘発。罰金額は最高で1万元で、今年上半期の罰金額は計14万元にのぼった。
(8月7日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 先週のニュース トップ51 ショウ・ルオ 破局の恋人へ綴る7000字の手紙公開&nb…
  2. 新北市三重区に住む男性が5月11日(月)、foodpandaでオーダーしたものがなかなか届かず配送員…
  3. 新型コロナウイルスの国内新規感染者が出ていない状況を受け、賴峰偉・澎湖縣長は5月11日(月)、サウナ…
PAGE TOP