リードなし散歩のペット 半年間で違反30人に

台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼることを明らかにした。
台北市では動物保護自治条例により、ペットが路上や公園など公共の場所を散歩する際のリードの着用を義務付けている。年間約450件の違反報告を受け同署では8人のスタッフを配置、違反者を摘発。罰金額は最高で1万元で、今年上半期の罰金額は計14万元にのぼった。
(8月7日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スターラックス航空(星宇航空)は7月27日(月)、この夏に桃園発澎湖、金門、台東線のチャーター便を運…
  2. 桃園市中壢区にある公共プールで、7月25日(土)、男性が子どもの首をつかみ水の中に押し込む様子が目撃…
  3. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
PAGE TOP