ボロボロのプレゼント 中身は札束10万元分

某企業に勤める女性が、近頃会社のクリスマスイベントで社長の用意したプレゼントを受け取ったものの、その包装が古い靴の箱だったため中身に期待せず持ち帰り、自宅で開封したところ10万元分の札束が入っていたという出来事があった。
女性によるとそれぞれに番号が振ってあり、社員は抽選で該当の番号が書かれたプレゼントを受け取ったという。女性は破れた古い運動靴の箱を受け取り、そもそもくじ運が悪いため大したものでないと思い帰宅。ところが開けてびっくり、中には帯封の付いた1000元札の束が入っていた。
女性がこの出来事をSNSに投稿すると「ヘソクリを隠して忘れたのでは?」といったコメントが寄せられた。
(12月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP