ボロボロのプレゼント 中身は札束10万元分

某企業に勤める女性が、近頃会社のクリスマスイベントで社長の用意したプレゼントを受け取ったものの、その包装が古い靴の箱だったため中身に期待せず持ち帰り、自宅で開封したところ10万元分の札束が入っていたという出来事があった。
女性によるとそれぞれに番号が振ってあり、社員は抽選で該当の番号が書かれたプレゼントを受け取ったという。女性は破れた古い運動靴の箱を受け取り、そもそもくじ運が悪いため大したものでないと思い帰宅。ところが開けてびっくり、中には帯封の付いた1000元札の束が入っていた。
女性がこの出来事をSNSに投稿すると「ヘソクリを隠して忘れたのでは?」といったコメントが寄せられた。
(12月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP