フランスにおけるレイシズム コロナウイルスが差別に発展

新型コロナウイルスの感染拡大により各国でアジア系人種に対する差別が広がっていることを受け、台湾人がyoutubeで制作したフランスの状況を紹介する動画が注目を集めている。

動画はチャンネル「フランスに関する10万の〝なぜ〟(法國的十萬個為什麼)」によるもので「武漢肺炎がフランスのアジア人(華人)差別を深める?」と題し、フランスに住む人々へのインタビューをまとめている。登場する人々は「ウイルスとレイシズムは無関係」、「ウイルスの出現に便乗してフランス人のレイシズムが露見しただけ」、また「発生源は中国でなくフランスだったかも」と差別が起きている現状を批判しながら、差別の根底にあるのは「恐怖」と指摘している。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
  2. 先週のニュース トップ51 師範大学生、渡航歴なしも感染発覚 13人隔離へ&nbsp…
  3. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
PAGE TOP