フランスにおけるレイシズム コロナウイルスが差別に発展

新型コロナウイルスの感染拡大により各国でアジア系人種に対する差別が広がっていることを受け、台湾人がyoutubeで制作したフランスの状況を紹介する動画が注目を集めている。

動画はチャンネル「フランスに関する10万の〝なぜ〟(法國的十萬個為什麼)」によるもので「武漢肺炎がフランスのアジア人(華人)差別を深める?」と題し、フランスに住む人々へのインタビューをまとめている。登場する人々は「ウイルスとレイシズムは無関係」、「ウイルスの出現に便乗してフランス人のレイシズムが露見しただけ」、また「発生源は中国でなくフランスだったかも」と差別が起きている現状を批判しながら、差別の根底にあるのは「恐怖」と指摘している。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP