ハンタウイルス5例目 ネズミ咬傷から感染

高雄市鳳山区にある食堂で、女性スタッフがネズミに咬まれた傷から「ハンタウイルス」に感染していたことがわかった。

女性は今年4月ネズミに咬まれ、発熱や頭痛、全身の痛み、悪寒などに襲われ6月12日(金)、感染が確認された。高雄市での感染症例としては5例目。

疾病管制署はこれを受け市内の市場など55カ所にネズミ捕りを設置し、35匹を捕獲している。

(6月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP